坂井祥紀 日本タイトル王座V2成功

日本ウェルター級王者の坂井祥紀(横浜光)が12月2日、後楽園ホール「WHO’S NEXT DYNAMIC GLOVE on U-NEXT」のメインで挑戦者4位のシーサー皆川(平仲BS)に3-0判定勝ち。2度目の防衛に成功した。スコアは95-94、96-93×2。

3R、坂井が先制となるダウンを奪うも、4Rには挑戦者の左アッパーが直撃し坂井が深いダメージを負う。このRの終盤にはバッティングで両者が出血。
流血戦となったシーソーゲームだったが、9、10Rで坂井が一気に抜け出し勝利をもぎ取った。
今年は日本タイトル王座獲得、2度の防衛を果たし結果を出した1年。
次戦は来春、3度目の日本王座防衛戦で過去一度負けている豊嶋亮太(帝拳)を迎える。

第一試合に出場した眞下公翔は2RTKO勝利。
初回から強打を打ち込み続けた眞下が1Rに一度のダウンを奪い、2R、2度目のダウンを追加した時点でレフェリーが試合をストップ。
今年はタイ、メキシコ、フィリピンでも試合をこなしデビューから7戦7勝6KOで1年を終えた。